おしゃれな照明器具なら北欧スタイルで

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昔前の日本では、照明は当然のように部屋の真ん中にあり、明るければ明るいほど良いとされていました。しかし、昨今は照明もインテリアのアイテムとして考えられるようになり、明るさだけではなく洗練されたデザインやおしゃれな雰囲気を持つ照明器具が注目を集めています。
そんな中でも、北欧スタイルや北欧照明と呼ばれる照明器具の人気が高く、おすすめです。北欧っぽいデザインや北欧で作られたものがそう呼ばれており、上手に設置すれば部屋の雰囲気をがらりと変えることができます。リビングやダイニング、玄関やトイレなど場所を選ばず使えるのもうれしいポイントです。最近は特に北欧を意識したペンダントライトの人気が高く、それに応じて商品のラインアップも増えているため、豊富なデザインの中から選ぶことが可能です。

北欧照明はダイニングに最適

一般的に、ダイニングは読書をするようなスペースではなく、食事の場所として使われているため、それほど明るい照明は求められていません。明るさよりも食事がおいしく見える雰囲気が必要で、シーリングライトではなく天井からつり下げるペンダントライトがよく使われています。このペンダントライトを北欧風にするだけで、家のダイニングは一気におしゃれな雰囲気に様変わりします。
ペンダントライトの北欧風とは、主にナチュラルな色合いの木材を使ったものを差します。探すサイトにもよりますが、たとえば北欧系ペンダントライトのようにカテゴライズされているサイトだと、見比べやすいのでおすすめです。食事の時間をより楽しむためにも、ダイニングのペンダントライトに北欧照明を使ってみてはいかがでしょうか。

寝室に設置すれば心も体も休まる場所に

寝室は寝るだけだから、という理由でおざなりに考えられがちですが、一日のうち一番長い間を過ごす場所でもあります。さらに、睡眠の質を高めるためには就寝前の過ごし方が重要とも言われており、照明が果たす役割は大きいと言えます。
寝室はシーリングライトではなく、光が直接目に入らない間接照明を設置することをおすすめしますが、北欧照明のペンダントライトを使うのも良いです。夜の長い北欧で磨かれた優しい光とデザインは、日本のインテリアにも似合います。一日の疲れを癒やす場所だからこそ、照明器具やインテリアにこだわり、リラックスできる空間作りを心がけてはいかがでしょう。

ピックアップ記事

おしゃれな照明器具なら北欧スタイルで

一昔前の日本では、照明は当然のように部屋の真ん中にあり、明るければ明るいほど良いとされていました。しかし、昨今は照明もインテリアのアイテムとして考えられるようになり、明るさだけではなく洗練されたデザイ...

調光・調色機能のついた照明器具とは

照明器具を探す上では、調光や調色といった言葉を目にすることが多くあります。失敗しない買い物をするためにも意味を正しく理解しておきましょう。調光とは、光の明るさを段階的に調節できる機能を差します。明るく...

センサー付きの照明器具が便利でおすすめ

ビルの自動ドアやトイレの水道などでは、センサーが人に反応して機器を動かせているのをよく見かけます。家庭用の照明器具にもセンサー付きのものがあり、照明のオンオフを自動で行うため非常に便利です。予算との兼...

リビングやダイニングの照明器具を選ぶときのポイント

家族全員が使うスペースは、家族で集まって団らんをしたり食事をしたりするだけではなく、テレビを見たり本を読んだりとさまざまな使い方をされます。ですから照明の雰囲気や機能性にはこだわりたいところです。明暗...


重要点