リビングやダイニングの照明器具を選ぶときのポイント

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族全員が使うスペースは、家族で集まって団らんをしたり食事をしたりするだけではなく、テレビを見たり本を読んだりとさまざまな使い方をされます。ですから照明の雰囲気や機能性にはこだわりたいところです。
明暗のアクセントをつけることで空間の雰囲気を作りだすことができます。リビング全体を照らすシーリングライトをメインとして、壁にはブラケットを、コーナーには間接照明をアクセントにすることでいろいろな雰囲気を出すことができます。また、華やかさを求めるのであればシャンデリアにしたり、絵画や観葉植物を置くのであればダウンライトで強調したりと、照明器具ひとつで雰囲気は変わります。紫外線や熱が少ないLED照明であれば絵画や植物を傷めないので安心です。

キッチンは手元の明るさも確保しよう

キッチンは空間だけではなく手元も明るくすれば実用的なため、明るくて白色の照明がおすすめです。オープンキッチンの場合は、光が漏れないように配置してリビングやダイニングの雰囲気に干渉しないように注意しましょう。ダイニング側に演色性の優れた照明を使えば、料理の色合いが自然に見えるためおいしさを一層引き立てることができます。キッチンとダイニングのバランスを考慮して選ぶことが大切です。
機能性を重視するなら、センサー付きの照明器具を選ぶことをおすすめします。そうすれば料理中に汚れた手でスイッチを触らずに済み、快適に過ごすことができます。

リビングへの導線箇所は安全性を重視

内玄関や廊下など、リビングやダイニングへの移動スペースは安全性を重視して照明器具を選びましょう。暗いと足元が不明瞭になりつまずきや転倒の原因になりかねません。事故が発生するおそれもありますので、家族のみならず来客時も想定することが必要です。
内玄関については、来客を気持ちよく迎え入れられるよう、LED照明や電球に近い色を放つ蛍光灯を選ぶのが好ましいでしょう。来客側も迎える側も顔に影が出ると暗いイメージになるため、照明器具は顔の高さの位置に付けると良いでしょう。センサー付きのものであれば、夜に帰宅しても暗い中でスイッチを探す必要がありません。
廊下は安全を考慮して、足元まではっきりと見える明るさが必要です。特に階段は危険なため、床面に影ができないよう照度をあげるようにします。足元を明るくしてくれるフットライトがあれば、夜中のトイレなどでも安心して移動でき、まぶしさもないため目が冴える心配もありません。こちらもセンサー付きだと便利なうえに省エネ効果も期待できます。

ピックアップ記事

おしゃれな照明器具なら北欧スタイルで

一昔前の日本では、照明は当然のように部屋の真ん中にあり、明るければ明るいほど良いとされていました。しかし、昨今は照明もインテリアのアイテムとして考えられるようになり、明るさだけではなく洗練されたデザイ...

調光・調色機能のついた照明器具とは

照明器具を探す上では、調光や調色といった言葉を目にすることが多くあります。失敗しない買い物をするためにも意味を正しく理解しておきましょう。調光とは、光の明るさを段階的に調節できる機能を差します。明るく...

センサー付きの照明器具が便利でおすすめ

ビルの自動ドアやトイレの水道などでは、センサーが人に反応して機器を動かせているのをよく見かけます。家庭用の照明器具にもセンサー付きのものがあり、照明のオンオフを自動で行うため非常に便利です。予算との兼...

リビングやダイニングの照明器具を選ぶときのポイント

家族全員が使うスペースは、家族で集まって団らんをしたり食事をしたりするだけではなく、テレビを見たり本を読んだりとさまざまな使い方をされます。ですから照明の雰囲気や機能性にはこだわりたいところです。明暗...


活用法