センサー付きの照明器具が便利でおすすめ

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルの自動ドアやトイレの水道などでは、センサーが人に反応して機器を動かせているのをよく見かけます。家庭用の照明器具にもセンサー付きのものがあり、照明のオンオフを自動で行うため非常に便利です。予算との兼ね合いにはなりますが、できる限り設置することをおすすめします。
よくあるのが赤外線を使ったセンサーです。赤外線とは人間の目には見えない光のことで、この赤外線を感知して電気信号に変え、照明などの機器に送ってスイッチを入れる仕組みです。人体にはまったく影響がなく、健康を損なう心配もないため安心して使うことができます。
赤外線センサー以外には光センサーや音センサーなどもあり、いずれも機器の使用が便利になったり節電効果があることが共通しています。

センサー付きのメリット

センサー付きの照明器具を使うことには、大きく3つのメリットがあります。まずは便利なことがひとつです。スイッチをわざわざ押さなくても自動でオンオフされる照明は使い勝手が良く、たとえば車庫前にあれば夜間でも車を降りることなく車庫入れができ、子供にとって高い位置にあるスイッチでも近くを通れば照明をつけることができます。スイッチのオンオフを意識しないで済むのはとても快適であることは間違いありません。次に節電効果があります。人に反応して電源がオンオフされるため消し忘れがなく、必要なときだけ明るくできて効率的です。その分、電気代も必要最低限に抑えることが可能になります。最後に高い防犯効果があげられます。家の死角や不審者の侵入経路に設置しておけば、視覚だけで防犯の役割があるうえ、カメラでの録画も行っておけば万全と言えます。防犯意識の高い家とアピールすればトラブルを未然に防ぐことにつながります。

センサー使用における注意点

センサーも万能ではないため、使用するにあたりいくつかの注意は必要です。センサー部分にほこりや汚れがついていると、思ったように作動しない可能性があるため、日常的な掃除などのメンテナンスは欠かせません。センサーの向きも大切で、設置した場合は想定される動きをするか確認するようにしましょう。メンテナンスを行うことで、つくはずの照明がつかない、消えないなどのトラブルが起こる可能性が低くなります。
現在使っている照明に後付けする際には、センサーが組み込まれた照明器具を買うことをおすすめします。センサーだけ購入して付けることも可能ですが、素人にはハードルが高いためおすすめはできません。

ピックアップ記事

おしゃれな照明器具なら北欧スタイルで

一昔前の日本では、照明は当然のように部屋の真ん中にあり、明るければ明るいほど良いとされていました。しかし、昨今は照明もインテリアのアイテムとして考えられるようになり、明るさだけではなく洗練されたデザイ...

調光・調色機能のついた照明器具とは

照明器具を探す上では、調光や調色といった言葉を目にすることが多くあります。失敗しない買い物をするためにも意味を正しく理解しておきましょう。調光とは、光の明るさを段階的に調節できる機能を差します。明るく...

センサー付きの照明器具が便利でおすすめ

ビルの自動ドアやトイレの水道などでは、センサーが人に反応して機器を動かせているのをよく見かけます。家庭用の照明器具にもセンサー付きのものがあり、照明のオンオフを自動で行うため非常に便利です。予算との兼...

リビングやダイニングの照明器具を選ぶときのポイント

家族全員が使うスペースは、家族で集まって団らんをしたり食事をしたりするだけではなく、テレビを見たり本を読んだりとさまざまな使い方をされます。ですから照明の雰囲気や機能性にはこだわりたいところです。明暗...


注意点